トラベルロボティクス

2019年11月24日
から username
0件のコメント

どういう人が第二新卒で大手に転職していくのか?

就職活動を行う人達のうち、第二新卒と呼ばれる世代があります。第二新卒から大手に転職していくケースは常に一定数存在しています。彼ら、彼女らはどういう人達なのでしょうか。

その特長をみていきましょう。

 

第二新卒で大手に転職できる人に共通する4つの特徴

第二新卒とは、新卒で一度就職した後およそ1年から3年以内に転職を目指す世代のことです。

明確な定義はありませんが、概ね25歳前後の人達を指します。厚生労働省が公開している統計データによると、新卒で就職した人の約3割が3年以内に離職しているとされています。第二新卒の求職者は年々増加傾向にあるのです。

一度入った会社から大手企業への転職を目指す動機には、次のようなものがあります。

  • 違う職種にチャレンジしたい
  • 大手企業で自分の力を試したい
  • キャリアアップをしたい

第二新卒で大手への転職を果たした人達は、皆が向上心をもって転職活動に向かっています。では具体的な共通点や、取り巻く環境などをみていきましょう。

 

特徴①どんな小さなことでも、自分なりの目標を達成した人

学生時代もしくは新卒で就職した会社において、自分なりの目標を設定し達成した実績を持つ人です。この場合は目標の大小よりも、達成したという事実が重要視される傾向にあります。

仕事を遂行するにあたって、目標設定とそれを達成するための道筋を立てること、そして実行することは非常に重要です。過去に目標を達成したという事実は、そうしたプロセスを経て業務を行うことができる証明になるのです。

学生時代に部活や趣味など、ひとつのことに打ち込んだという経歴が評価されやすいのはこのためです。

 

特徴②退職理由と転職理由が理に適っている

前職を退職した理由、そして転職を志した理由は重要なポイントです。

大手への転職を果たした人たちの中に、前職がイヤで辞めた人はほとんどいません。多くはやりたい仕事があるという明確な目標や、キャリアアップのためという前向きな理由に基づいています。

そのような理に適った動機は転職への大きな原動力になると同時に、面接官にも良い印象を与えるでしょう。能力の有無などを評価される以前に合否を左右するこの大きなポイントを、転職に成功する人達は押さえているのです。

 

特徴③大企業では必須?謙虚さ協調性を兼ね備えている

人間性についても共通点がみられます。それは謙虚であること、そして協調性があることです。これらは様々な人間が関わる環境で仕事をする際に必ず必要になってくる資質です。

いかに能力が高くとも態度が不遜であったり、周囲との協調性に欠けていたりする人間は敬遠される傾向にあります。大企業ほどこういった人間性を重視しているものです。

 

特徴④自己流の転職活動はNG!必ず転職エージェントを利用する

大手への転職を果たした人は必ずといっていいほど転職エージェントのサービスを利用しています。独力、自己流での転職活動には限界があるためです。

大手企業への就職実績のある転職エージェントの利用は必須といっていいでしょう。より多くの求人情報に目を通すことは、自分の可能性を広げることにもつながります。

最近では第二新卒の人に特化した転職エージェントサービスも出てきています。転職エージェントの評判や実際に使った人たちの感想は「ワタシの転職エージェント」で詳しく掲載されています。

 

大手企業出身だからと行って第二新卒で特別有利になるわけではない

第二新卒での転職を目指す人達にとって、前職が大手企業であるという事実はさほど有利に働きません。

大手企業に採用されたという事実はもちろん一定の評価を受ける、価値のあるものです。しかしそこで成し得た実績という面ではどうでしょう。第二新卒という枠組みであれば勤続年数は3年程度です。

一般的にいって、それほど大きな実績をあげられる年数ではありません。重要なのは過去よりも現在、そして未来です。これからどういう形で仕事にあたるかという意欲、そして先に見据えているビジョンなどを明確にアピールすることが重要です。

 

景気が良い今なら、中小企業からでも第二新卒で大手に転職できる可能性は充分ある

バブル崩壊後の不景気な時代には、就職も難しい時期がありました。

就職氷河期と呼ばれた1993年から2005年までは特に顕著で、有効求人倍率が1.0を下回っていたのです。しかしここ数年は経済政策のアベノミクス効果で、景気が少しずつ上向いてきたといわれています。

この景気回復は第二新卒で転職を目指す人にも良い方向に作用しています。企業の業績や雇用環境が改善されてきた今、求人の数は増加傾向にあります。それに伴い新卒採用で予定人数を採りきれなかった企業の数が増え、第二新卒に対しても門戸が大きく開かれているのです。

マイナビ転職が企業に対して2016年に行ったある調査では、今後も第二新卒の採用を積極的に行うとする回答が過半数というデータもあり、中小企業からの転職を考えている第二新卒者にとって追い風が吹いていることがわかります。

 

第二新卒で採用を実施している主な大手企業の一覧

第二新卒の人材を採用することは、企業側にもメリットがあります。

一度は社会人として働いた経験を持つことから基本的なビジネスマナーや常識を身につけた人材を確保できる、中途採用の候補者に比べて若さがあり働き方にクセや偏りが少ないといった点です。

そうしたメリットから、第二新卒での採用を積極的に実施する大手企業は少なくありません。実際に大手企業で第二新卒に門戸を開いているところをいくつかみてみましょう。

  • クックパッド株式会社
  • サイボウズ株式会社
  • 積水ハウス株式会社
  • 富士ソフト株式会社
  • 株式会社コロプラ
  • 株式会社サイバーエージェント
  • GMO TECH株式会社
  • フクダ電子株式会社
  • 日本郵政株式会社

これらはほんの一部に過ぎません。採用の有無や対象の部署などは時期によっても変わる可能性がありますが、名立たる大手企業も第二新卒を対象に募集を行っているのです。

第二新卒で大手へ転職していった人達には、共通して見られる特徴があります。そうした特徴から学びながら転職エージェントを利用することで、大手への転職のチャンスは広がるでしょう。

景気回復の波も第二新卒者にとって大きな助けとなっています。

 

2019年11月18日
から username
0件のコメント

huluで見れるおすすめ人気動画とサービス紹介

現在動画配信サービスは数多くあり、初めて利用するという方などはどの動画配信サービスと契約するべきか悩んでしまう方は少なくありません。そんな悩みを解決するためにも、各動画配信サービスの特徴や自分の見たいと思っている動画ジャンルのラインナップが揃っているサービスを選ぶためには、十分な情報収集と比較を行うことが大切になります。

その中でも特に人気が高いといわれているのが「hulu」です。

 

月額933円!人気動画配信サービス「hulu」

このhulu おすすめ人気動画として挙げられるのが、国内外のドラマや国内や海外で実際に放映している人気のテレビ番組、スポーツ中継や映画、アニメなど幅広いジャンルがバランスよく配信されていることが大きな特徴です。またhuluオリジナル制作のドラマやバラエティ、アニメなど他の動画配信サービスでは見ることが出来ない限定動画なども積極的に配信していることも大きな特徴となっています。

実際にhuluを利用するために必要とされる環境は、パソコンやスマートフォン、タブレットなどインターネット接続が可能な状態の機器を所持していることで、機種によってはテレビやブルーレイレコーダー、メディアプレーヤーでも視聴可能となっているので、自宅にある機器ですぐに使用することが出来るのか確認を行う必要があり、もし対応機器がない場合は別途で購入する必要がでてきます。

 

日本テレビ系作品だけでなくアニメや海外ドラマも充実

huluは比較的動画ジャンルがバランスよく配信されているため、ジャンル別のファンからも非常に高く評価されている特徴を持つ動画配信サービスですが、その中でもhuluで見ることができるおすすめ人気動画の傾向として挙げられるのが海外ドラマです。特に海外ドラマは日本ではまだまだ配信されていない海外の新作ドラマなども積極的に配信している特徴があるので、海外で話題になったドラマをすぐに日本でも見たいと考えている方にとっては魅力的だと高く支持されています。

他の動画サービスの中でもダントツで海外ドラマの本数が多いhuluですが、映画やアニメ、テレビドラマなども充実している特徴があります。特に日本テレビ系列の番組をメインに扱っているため、現在放映している日本テレビ系列の人気アニメやドラマ、映画を見る傾向が高いという方にとってはいち早く見たい作品をチェックすることが出来るチャンスでもあります。

また子供向けアニメも充実しているので、小さなお子さんがいるご家庭でも親御さんは話題の海外ドラマや、人気テレビ番組をチェックしたり、お子さん向けには人気アニメの最新話をhuluでいつでも楽しめるといったように、幅広い年齢層の方に対応しているバランスの良い動画配信サービスなのです。

さらにこの動画配信サービスが支持されている理由の一つに、家族で共有して使用することが出来る機能があります。huluではプロフィールを6つまで作成することが可能で、それぞれ視聴履歴やマイリストは別になり家族同士でも視聴履歴が見えてしまうということが内容に配慮されています。

そういったプライバシー保護された機能がありますが、小さな子どもがいるご家庭ではキッズプロフィールを設定することで、年齢制限がかけられている作品に関しては視聴が出来ないように設定することも可能なので、家族全員でhuluで配信されている動画を楽しむことが可能です。

配信されている映画本数は定期的に入れ替わりが行われているので、動画見放題を活用して配信期間中に見ることが重要になってくるなど、視聴する上で注意点がありますが、映画よりも海外ドラマや日本テレビ系列の番組が好きという方にとってはかなりメリットがあるといわれています。

 

料金のやすさも魅力

huluを利用する上で大きなメリットとされるのが、月額料金である933円を支払えば動画が見放題になることです。

一般的な動画配信サービスの多くは全ての動画が見放題ではなく、新作映画やドラマに関しては有料であったり、一部作品に限りレンタル購入が必須になるなど、全ての動画をまんべんなく見ることが出来ない場合が大半です。

また配信されている動画が見放題でも月額料金が高額なサービスも多いので、月額933円でどんな動画も満足するまで視聴することが出来るのは大きなメリットです。

初めて動画配信サービスを利用するという方は、実際に利用してみないと自分の好きなジャンルが揃っているか確認することは難しいため、初めての方は2週間利用することができる無料トライアルを行うことをおすすめします。実際に2週間色々な動画を見てみて、自分の好みに合う動画が配信されているか確認して、実際に有料サービスを続けるか判断することが出来ます。

無料期間が経過すると自動的に有料期間に切り替わる設定となるので、無料期間のみで解約を行いたいと考えているなら期間を超えないように注意するようにしましょう。しかし月額料がリーズナブルで、アニメやドラマ、海外ドラマなどが充実しているhuluは、国内でも多くのユーザーに支持されています。

https://vod-freeee.com/」では様々なVODサービスの無料体験の登録方法、使い方、無料トライアルだけの解約方法を紹介しているサイトなので、huluの2週間の無料トライアル(もちろんhulu以外のVODも)を使ってみたい方はこちらのサイトを参考にしてみるとよいと思います。